マニフレックスってなにがいいの?皆さまに選ばれる理由があります!
検索する
チェルカーレスタッフブログ
053-459-1557
10:00〜20:00
〒430-0933
静岡県浜松市中区鍛冶町15ZAZACITY浜松西館 1F
スタッフブログはこちら
チェルカーレスタッフブログ

ご来店ありがとうございます。チェルカーレ店長の「竹中元規」と申します。
私が自信を持ってお勧めできるのが、テレビショッピングや通販でもおなじみイタリア生まれの熟睡寝具マニフレックスです。
ぜひお試し下さい。

 

マニフレックスは芯材に世界特許の高反発素材「エリオセル」を使用しています。「エリオセル」とは高密度の高反発フォーム。硬すぎる寝具では体を点で支えてしまい、柔らかすぎる寝具では腰が沈んでしまいます。どちらの場合も最も重い腰部分が支点となって全体重を支えるので、腰部分が浮いたまま強い圧力が分散しきれなかったり、腰が沈んだまま体の一部分の負担が大きくなってしまいます。

エリオセルを使用したマニフレックスのマットレスに横たわると、一度沈み込んだ後、体圧を均等に分散してしっかり支え上げ、立ったままの理想的な寝姿勢を保ち続けます。高反発と言うと「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。
「背中・腰・お尻」の形成する大きなS字はマットレスで、「頭・首・背中」の小さなS字はまくらで、隙間なく支え上げて保持します。

低反発フォームを使用した寝具では温度による変化が大きいため、「冬は硬く、夏は柔らかすぎる」といった硬さの変化があります。
マニフレックスは優れた通気性と体圧分散性能を併せ持つ独自の特許素材(エリオセル)を採用しています。オープンセル分子構造をもつこの素材は通気性が高く、外気温によって変化しにくい特殊性を有しているので、製品が硬くなったり柔らかくなり過ぎたりすることがありません。

ドイツの工業規格「LGA−GERMANY」による厳しい耐久性試験による認定を受けており、その耐久性の実証から、マニフレックスは長期保証を実現しております。
具体的には「マットレスの厚みを50%まで圧縮し元に戻す工程」を1分間に60回、繰り返し8万回試験し、「厚みの損失度5%以下」「弾性の損失度30%以下」というLGA基準をクリアしているのです。芯材のへたりに対する保証はまくら、お布団で3年、マットレスでは最長15年の保証を実現しています。






先ずは、まくらから

ページトップへ